世界農業遺産

干し椎茸生産量日本一の自信。

主に小売店様向けの干し椎茸の袋詰め商品と箱入りの贈答用商品を製造しており、
そのほかに干し椎茸原料の販売、また飲食店様や学校給食用の業務用商品等の販売も行っております。

干し椎茸生産量日本一の大分県にある立地条件を生かし、
常にお客様の目線を大切に必要とされる会社でありたいと考えております。

仕入れから出荷まで!

椎茸がお客様の手元に届くまでの5ステップ

トレーサビリティについて

これまでの過程を大分県乾しいたけトレーサビリティ協議会に報告し、
お客様に提供される椎茸がどの地域で誰が生産したものかをたどれる仕組みを確立しております。
また業務用の干し椎茸、大分県産きくらげ、乾燥わかめ、いりこ等の乾物類も取扱いしておりますので
ご相談お待ちしております。

私たちがこれからしたいこと

私たちは今できることを確実に行うことが一番大事であると考え、
皆様の食卓に安全で美味しい干し椎茸をお届けできるよう、
各種検査や年間を通じ数えきれない程の食味試験を行っております。

また、近年増加している花粉症をはじめとしたアレルギーなどの予防に
干し椎茸に多く含まれる栄養素ビタミンDが貢献できることが最新の研究で分かってきています。
より一層お客様のお役に立てるよう知識を深め、
様々な方向から干し椎茸の可能性を追求し提案してまいりたいと考えております。

世界農業遺産に認定された恵まれた環境を活用し、商品流通の最適化と継続した生産者育成を目的に数年前より生産を行っております。クヌギの木を伐採し椎茸を育てる過程は大変な作業ですが、良い椎茸が栽培できて皆様に美味しく召し上がっていただいた時には素晴らしいやりがいを実感できます。
干し椎茸は日本で1000年以上食され続けており、江戸時代より確立された原木栽培は自然と調和した農法で次代に継承すべきものです。これからも安心安全な原木栽培の干し椎茸を途絶えることなく皆様に召し上がっていただけるよう努力してまいります。